ワークショップ

メグロアドレス展関連企画

開催一覧
子供|大人当日 1. 保井智貴トーク&Calmプロジェクト報告会

2/11(土)15:00-18:30

出品作家の保井智貴が自作について語るとともに、様々なクリエイターとのコラボレーションであるCalmプロジェクトについての報告会を行います。会場ではプロジェクトに関わっているSTOREsakumottoが、美術館に1日だけの店舗をオープンします。気に入った商品はご購入していただくことも可能です。また、作品を目の前にして小野雄紀と橋本幸太によるミニライブも行います。

参加費:無料(ただし展覧会観覧料が必要です/事前申込み不要)

子供|大人当日 2. 青山悟+平石博一ライヴ

2/12(日)19:00-20:00

出品作家の青山悟+平石博一によるライヴ。8chサウンドとヴィデオインスタレーションを出品している本展の会場で、ミシン刺繍と音響の特別編成による一夜限りのライヴを行います。

参加費:500円(事前申込み不要)

※展覧会をご覧頂くことは出来ません(展覧会観覧料を含まず)。

子供|大人当日 3. 南川史門フィルム・スクリーニング

2/18(土)14:00-16:00

出品作家の南川史門が絵画と平行して制作している映像作品を、最新作も含めて一挙に公開。上映会の後には作家によるトークも行います。

参加費:500円(この他に展覧会観覧料が必要です/事前申込み不要)

子供|大人当日 4. 青山悟+土屋誠一トーク:明るい芸術、明るい未来

2/19(日)14:00-16:00

本展では、初の試みとしてユニットでの作品発表を行い、同じく初めてとなるヴィデオインスタレーションを出品する青山悟。このトークでは、コラボレーションを行った理由や、音楽と刺繍作品の構造的な共通点など、作品の背後にある作家の思想に迫る。
出演:青山悟、土屋誠一(美術批評家、沖縄県立芸術大学講師)

参加費:500円(この他に展覧会観覧料が必要です/事前申込み不要)

子供|大人当日 5. フォーラム1:若手作家のグループ展を考える

2/25(土)14:00-16:00

近年、公立美術館が若手作家のグループ展を開催することが増えてきており、メグロアドレス展もその一例であると言えます。そして美術館の使命と現在の美術動向を紹介することには、重なる部分があると同時に重ならない部分も当然存在します。展覧会のテーマ設定や公立美術館としての限界など、若手作家グループ展の課題と可能性を討議します。

パネリスト:西川美穂子(東京都現代美術館学芸員)、八巻香澄(東京都庭園美術館学芸員)

司会:石崎尚(当館学芸員)

参加費:無料(ただし展覧会観覧料が必要です/事前申込み不要)

子供|大人当日 6. フォーラム2:若手作家の技法と素材を考える

2/26(日)14:00-16:00

一般的に美術作品の修復は、古い時代の作品だけが対象になっていると思われがちですが、現代の作品であっても修復が必要になることがあります。特に、技法や素材などの面で、実験的に制作することの多い若手作家の作品は、保存の観点からみるとやや難しい部分もあります。このフォーラムでは作家の創意と保存の意図の折り合いの付け方について、美術館と修復の立場から討議します。

講師:斎藤敦(絵画修復)

聞き手:石崎尚(当館学芸員)

参加費:無料(ただし展覧会観覧料が必要です/事前申込み不要)

子供|大人当日 7. うるう日ナイトツアー

2/29(水)18:15-19:15

4年に1度の特別な夜に、展覧会の担当者が作品を前にした展覧会解説を行います。

参加費:無料(ただし展覧会観覧料が必要です/事前申込み不要)

大人抽選 8. めぐろアートウィーク アドレッシングツアー1

3/3(土)14:00-17:00

目黒区美術館を起点として、目黒区内や近隣の現代美術うギャラリーを巡ります。NADiff galleryでは個展(『鏡、音楽、マルチメディア』とコーヒーパーティー)を開催中の南川史門さんのお話を聞きます。

定員:20名(高校生以上)

参加費:50円(保険料/事前申込み制/2月21日必着)

行き先:The ContainerNADiff gallery

申込み方法:

■メールまたはFAXでお申し込みください。

参加希望のイベント名とお名前(ふりがな)、年齢、郵便番号、ご住所、電話番号(昼間につながる連絡先)、FAX番号をご記入の上、下記の宛先までお 送りください。

[ハガキの宛先]

153-8573 目黒区上目黒2-19-15

目黒区文化・交流課

[FAXの宛先]

03-5722-9378

※個人情報はイベント参加のご連絡以外の目的には使用いたしません。

[メールでの申込が可能になりました!]

上記の内容を記入の上、mmatoffice@mmat.jpまでお申込みください。

子供|大人抽選 9. めぐろアートウィーク アドレッシングツアー2

3/10(土)14:00-17:00

目黒区美術館を起点として、目黒区内や近隣の現代美術うギャラリーを巡ります。HAPPAでは建築家の長坂常さんのお話を聞きます。

定員:20名(高校生以上)

参加費:50円(保険料/事前申込み制/2月21日必着)

行き先:THERME GALLERYHAPPA

申込み方法:

■メールまたはFAXでお申し込みください。

参加希望のイベント名とお名前(ふりがな)、年齢、郵便番号、ご住所、電話番号(昼間につながる連絡先)、FAX番号をご記入の上、下記の宛先までお 送りください。

[ハガキの宛先]

153-8573 目黒区上目黒2-19-15

目黒区文化・交流課

[FAXの宛先]

03-5722-9378

※個人情報はイベント参加のご連絡以外の目的には使用いたしません。

[メールでの申込が可能になりました!]

上記の内容を記入の上、mmatoffice@mmat.jpまでお申込みください。

子供|大人抽選 10. 絵手紙ワークショップ 春の草花を描く

3/17(土)14:00-17:00

出品作家の須藤由希子による絵手紙を作るワークショップ。春の草花を見ながら、水彩絵の具で描いていきます。春の訪れを親しい人にお知らせする、そんな絵手紙を作ってみましょう。

講師:須藤由希子

対象年齢:小学生以上

参加費:2,000円(観覧料込み/定員30名/事前申込み制)

※小中高は1,000円。

※汚れても良い服装でご参加ください。なお、材料は当館で準備いたしますが、ご自分の使い慣れた道具を用いることも可能です。

■メール、FAX、往復ハガキでお申し込みください。

参加希望のイベント名とお名前(ふりがな)、年齢、ご住所、電話番号(昼間につながる連絡先)、電子メールアドレスをご記入の上、下記の宛先までお送りください。メールの場合は、件名に「メグロアドレスイベント申込み」と明記してください。往復ハガキでのお申込みは一枚につき一人に限ります。応募者多数の場合は抽選になります。小中学生は保護者名、学校名、学年も記入してください。

[メールの宛先]

mmatoffice@mmat.jp

[FAXの宛先]

03-3715-9328

[往復ハガキの宛先]

153-0063 目黒区目黒2-4-36

目黒区美術館 メグロアドレスイベント係

※個人情報はイベント参加のご連絡以外の目的には使用いたしません。

子供|大人当日 11. フォーラム3:作品と印刷物の関係を考える

3/18(日)14:00-16:00

展覧会では様々な印刷物やドキュメントが作られますが、デザインの現場では作品と印刷物の関係に、いかなる配慮がなされているのでしょうか。また、その関係にはどのような可能性が秘められているのでしょうか。本展のヴィジュアルデザインを担当したデザイナーと、紙媒体を利用した作品を発表している美術家が語り合います。
パネリスト|川村格夫(デザイナー)、 冨井大裕(美術家)
聞き手|石崎尚(当館学芸員)
参加費|無料(ただし観覧料が必要です/事前申込み不要)

ページ先頭へ
展覧会・催事
開催一覧
過去の開催一覧