ワークショップ

2012年春のワークショップ

中世の華・羊皮紙に描くミニアチュール2

開催一覧
抽選募集終了

中世の華・羊皮紙に描くミニアチュール2

講師:石原靖夫(美術家)

日程:2012年3月11日(日)、20日(火・祝)、25日(日)、31日(土)全4日間 各日10:30~17:00(20日のみ18:00まで)

会場:目黒区美術館

対象:高校生以上、絵を描いた経験のある方、全日程にご参加いただける方

定員:20名

参加費:12,000円(全4日間、20日の特別レクチャー聴講料含む)

材料費:5,000円程度

目黒区美術館では、1992年より「古典技法への旅」と題したワークショップを開催しています。これまで<ラピスラズリからウルトラマリンブルーをつくる><テンペラ画を描く>ほかのテーマで展開してまいりました。本年は2008年の<羊皮紙に描くミニアチュール>の第二回目、小さな羊皮紙に卵の黄味と顔料を練って細密に描く本格的なコースです。コースの内容は専門家向けとなっていて、本格的にミニアチュールを学びたい方を対象とします。

先着募集終了

特別レクチャー

「羊皮紙」の制作にあたって

講師:八木健治(羊皮紙工房主宰)

日程:2012年3月20日(火・祝)16:00~18:00

会場:目黒区美術館

対象:高校生以上

定員:30名(先着順)

聴講料:1,000円

「羊皮紙」についての特別レクチャーを開催します。4日間の全日程に参加されない方でも、このレクチャーのみ聴講していただくことが可能です。

ページ先頭へ
展覧会・催事
開催一覧
過去の開催一覧