展覧会 開催終了

‘文化’資源としての<炭鉱>展

会  期:
2009年11月4日(水)〜2009年12月27日(日)
時  間:
10:00~18:00
入館は17:30まで
休館日:
月曜日 ただし、11月23日(月)は開館し、11月24日(火)は休館
観覧料:
一 般 800(600)円
大高生・65歳以上 600(500)円
小中生 無料
( )内は20名以上の団体割引料金、障がい者とその付添者1名は半額

主催:(財)目黒区芸術文化振興財団、目黒区美術館

共催:目黒区、目黒区教育委員会、東京新聞、ポレポレ東中野

後援:北海道、福島県、福岡県、長崎県/歌志内市、美唄市、三笠市、夕張市、いわき市、嘉麻市、田川市、長崎市/北海道新聞、西日本新聞/文化資源学会、美学校

助成:芸術文化振興基金、アサヒビール芸術文化財団、企業メセナ協議会

協賛:朝倉不動産、資生堂

企画協力:夕張市美術館、夕張市石炭博物館、美唄市教育委員会、三笠市教育委員会(ミカサ・モダンアート・ミュージアム)、いわき市立美術館、嘉麻市教育委員会、田川市石炭・歴史博物館、田川市美術館、田川市立図書館

協力:NPO法人炭鉱の記憶推進事業団、常盤炭田史研究会、公立大学法人福岡県立大学(世界遺産をめざす田川再生事業事務局)、山本作兵衛さんを<読む>会、NPO法人軍艦島を世界遺産にする会

企画委員:川俣正(美術家)+菊畑茂久馬(美術家)+本橋成一(写真家)+Jesty Justin(エール大学特別研究員、日本戦後思想史)+正木基(本展担当学芸員)

開催一覧

最初に:「‘文化’資源としての<炭鉱>展」のみどころについて

1.これまで、東京ではまとまった公開のなかった、筑豊の、酒仙・画仙炭坑絵師として名高い山本作兵衛の作品を、一挙に 70 点ご紹介いたします。しかも、初期から晩年までの各時期からの制作をまんべんなく選定、テーマにも意を配し、彼の画業全体を概観できるよう構成いたしました。

2.1964 年に山本作兵衛の作品に出会い、その後の 10 余年間、彼の作品評価のために奔走した戦後日本を代表する画家・菊畑茂久馬。1970 年現代思潮社美学校の講師となった菊畑茂久馬と学生たち制作「山本作兵衛画模写壁画」各 200 号全 9 点は、芸術生活社画廊で公開されて以来の東京帰還・公開となります。

3.戦後の炭鉱を主題にした美術作品は、先進的な美術史表現からは見過ごされてきたジャンルと言ってよいでしょう。が、美術作品へのアプローチは、美術史的解釈だけにとどまるものではありません。本展も、そのような視点から企画されました。そこで着目したのが、この間、 夕張市美術館、いわき市立美術館、田川市美術館、田川市石炭歴史博物館など産炭地の美術館・博物館が、その地に根付いてきた視覚文化の再評価と創造に努めてきたことでした。本展は、これら各館からのご協力のみならず、 全国産炭地の行政体、ブロック紙などからもご支援を仰ぎ、炭鉱視覚文化の成果を集成し、かつて最大の石炭需要地であった東京に公開するものです。

4.とはいえ、炭鉱を主題にした作品群にも、実に多くの美術家、写真家、映画作家の方々らが制作に取り組まれてきました。また、予想外に炭坑夫の美術家たちが多く、さまざまな制作を行っていたことにも気づかされます。それは、いままで不毛と思われがちだった炭鉱文化の見直しとなると同時に、戦後の視覚芸術が、いかに生活レベルに浸透し得ていたかの検証ともなるでしょう。

5.戦後の炭鉱の労働運動に多大な影響を与えた日本炭鉱労働組合(炭労)系のプロパガンダ・ポスターを美的に鑑賞いたします。低予算での製作にもかかわらず、激しいアジテーションだけではなく、美的に労働者の共感を得ようとする試みがそこにはあります。モダン・デザインの意識や、写真表現の進展を積極的に組み込んだリアリティーのある表現にご注目ください。

6.これは、公立美術館と民間映画館の初のコラボレーション企画となるのではないでしょうか。Part.3 の「映像の中の炭鉱」は、ポレポレ東中野の運営で実施されますが、その上映プログラムは、目黒区美術館での展覧会内容構成を鑑みながら、ポレポレ東中野と目黒区美術館とが共同で企画いたしました。目黒区美術館の展覧会では、美術作品のほか、写真、グラフィックに触れていただき、ポレポレ東中野で映画表現に接していただくことで、戦後の炭鉱を巡る視覚芸術の総体をご把握いただく、言い換えるならば、炭鉱を「総合芸術」的にとらえることが出来る機会となれば幸

いです。

7.1996 年以来、筑豊の田川市で 10 年余り炭鉱プロジェクトを実施した後、2005 年の横浜トリエンナーレ総合ディレクター、2008 年の東京都現代美術館での個展『通路』、今年の妻有トリエンナーレと転戦し続けてきた川俣正が、空知、ルールにおける「コールマイン・プロジェクト」の展開を図っています。それが契機となって、1993 年の目黒区美術館での個展以来、実に 16 年ぶりに、目黒区美術館区民ギャラリーでの個展で、川俣正の炭鉱を主題とするインスタレーション「景」が実現いたします。ご期待下さい。

8.多様なテーマを孕む炭鉱問題、そして多彩に表現される炭鉱主題。それらにアプローチし、読み解くために今回、閉館後の夜の美術館内に、『夜の美術館大学 コールマイン・アート学科』を臨時開校いたします。出品作家、出品作品、あるいは炭鉱という場、産炭地の文化など、それぞれにアプローチをされている方々にボランティアで特別招聘講師としてご参加いただき、全14課のレクチャー&チャットを実施いたします。

展覧会開催概要

主旨

1950 年代のエネルギー革命によって、エネルギー資源は、石炭から石油へと急速にとってかわられます。そして、今や、石炭を目にしたことのない子供たちが多数を占め、取って代わった石油自体も枯渇の危機が懸念されるにいたっています。石炭産業が国家的事業として、戦後の日本の復興に大きく寄与していた時代はもう遠い過去のことのように思えてきます。

が、そのような時代になればなるほど、炭鉱への関心が様々な形で喚起されているのはなぜなのでしょう。

例えば、今、軍艦島上陸ツアーが人気を呼んでいます。これは、石炭掘削のための立坑などの巨大設備を「近代化遺産」と呼び、産炭地を見て回るという、新たなツーリズムの最たるものと言えるでしょう。また、「フラガール」や「東京タワー」のような、かつての炭鉱従業員のための住宅(炭住)を舞台に、人情味ある人間関係を描いた映画が、多くの人々の共感を得ているのは、つい最近のことです。そこには、失われしものへのノスタルジー(郷愁)の喚起という側面もある一方、今は失われてしまった、人間味のある大きな力への渇望や人情味ある人間関係などへの希求があるようにも思えてなりません。

戦後社会の高度経済成長を支えた炭鉱を、視覚芸術はいかにとらえ、どのように表現し、現在にどのような炭鉱イメージをもたらしたのでしょうか。本展は、そのような炭鉱と視覚表現の歴史的な関わりを検証いたします。同時に、かつて‘地下’資源で繁栄した産炭地が、エネルギー政策転換などで経済的苦境にある現在 、炭鉱などを主題にした美術をはじめとする視覚芸術の‘文化’資源化を提起します。‘文化’資源化による産炭地域の社会再生について、息の長い思考と取り組みを期待してのものです。さらに、石炭とその問題の表現を通じて、私たちを取り巻くエネルギーに対する考え方、姿勢などについて再考する機会ともなることを期待する企画です。

内容

展覧会は、下記の通り、3部で構成されます。

「part.-1.<ヤマ>の美術・写真・グラフィック」(目黒区美術館1階・2階)は、油彩、日本画、水彩、版画、彫刻、素描、写真、ポスターなどグラフィックで構成されます。山本作兵衛「筑豊炭鉱絵巻」、千田梅二「炭坑仕事唄板画巻」、三菱美唄美術サークル「人民裁判」、野見山暁治「廃鉱(A)」、池田龍雄「腕」、横山操「夕張炭鉱」、山下菊二「筑豊炭田地帯」、風間完「青春の門」、吉増剛造「石狩シーツ」、岡部昌生「ユウバリマトリックス」、土門拳「筑豊のこどもたち」、奈良原一高「人間の土地」、上野英信ほか編「写真万葉録・筑豊」(全10 冊から)、本橋成一「炭鉱(ヤマ)」、1950 年代の炭鉱のポスターなど、約60 作家による 400 余点の出品 により炭鉱と戦後視覚芸術の展開をたどります。

「Part.-2.川俣正コールマイン・プロジェクト〜筑豊、空知ルールでの展開」 (目黒区美術館区民ギャラリー地下1階)は、川俣正が 1996〜2006 年の 10 年間取組続けた「Coalmine 田川」のプロジェクトを総括し、空知とドイツのルール地方での新プロジェクトを展望する、新作インスタレーション。目黒区美術館区民ギャラリー全面を使用しての個展です。乞う、ご期待です。

Part.-3.「映像の中の炭鉱」は、ドキュメンタリーの映像作品を主にする、民間の映画館「ポレポレ東中野」(JR総武線東中野駅前)との共同企画です(公立美術館としては初めての試みと思います)。戦後間もなくから現在までの、炭鉱を主題にした劇映画、記録映画に加え、炭鉱会社・炭鉱労働組合の宣伝映画など、日頃、レンタルビデオ等で見ることのできない作品を中心に約10作品を、展覧会会期に合わせてプログラム上映いたします。

展覧会内容解説

‘文化’資源としての<炭鉱> Part-1. <ヤマ>の美術・写真・グラフィック

第一章は、産炭地で生活する表現者たちを取り上げます。例えば、筑豊の炭鉱夫だった山本作兵衛、千田梅二、上田博、さらには、北海道の三菱美唄炭鉱美術サークルの作家たちは、みな、炭鉱で働き、そこでの生活を絵画の主題にしていました。特に、明治期からの炭鉱夫・山本作兵衛は、明治期からの炭坑労働ばかりでなく、様々な風俗や生活を文章ともども描きました。その児童画を思わせるような素朴な作品群は記録画として貴重であると同時に、炭鉱において自らの体験、見たことを誰にでも理解させようとする表現は、いわゆる美術界における絵画のための絵画と異なり、その独特の表現には高い評価が寄せられています。

今回は、初期から晩年までの約 70 点を出品し、東京では初めてのまとまった紹介となります。千田梅二、上田博は、炭鉱の記録文学者・上野英信に出会い、「サークル村」などの文化運動に関与、その機関紙などに、版画という複数性のある表現で取り組みました。一方、美唄や夕張などの北海道の炭鉱の画家たちは、油彩画制作を主にし、展覧会で作品を展示して公開する、美術家としての制作にまい進しました。中でも、夕張炭鉱で働いていた無名の日本画家で、近年、夕張市石炭博物館と夕張市美術館によって発掘・紹介された倉持吉之助の仕事は、ぜひ、ご注目いただきたいものです。また、筑豊の中小炭鉱主の家に生まれた野見山暁治は、周囲の風景の持つ色彩などに強く影響された制作で、風景という主題によりながら、絵画の造形性を極めようとする美術家としてのスタートを切っています。

第二章は、炭鉱への二つの関心の深まり、炭鉱労働の不合理や危険について社会的な認知を迫ろうとする社会派的な制作と、ボタ山など炭坑特有の風景や人々の表情に取材する制作に注目します。池田龍雄は、アヴァンギャルドな造形によるリアリズム、ルポルタージュ絵画の試みで社会への告発を試みます。が、世間的には、筑豊の青春を描いた五木寛之の『青春の門?筑豊篇』の風間完の挿絵などが、もっとも、筑豊の自然と人々の表情を世に広めるのに貢献したと言えるでしょう。多くの表現者たちが炭鉱を訪れるようになります。富山妙子、横山操、浮田克躬らは、炭鉱独特の重厚な風景を、彼らに固有な表現で描きだしました。また、佐藤忠良や森芳雄、中谷泰ら 8 作家が絵画の新たなリアリズム表現を模索するために、連れ立って常磐の炭鉱を取材し、それに基づく制作を一冊の本にまとめたのは、1956 年のことでした。炭鉱という時代的なテーマと絵画の新しい表現の模索とが軌を一にした逸話です。

第三章には、土門拳が筑豊に入り、小炭鉱の悲劇を子供たちの表情を通じて写し撮った「筑豊のこどもたち」、炭鉱の島・軍艦島に渡り、炭鉱現場やそこで生活する人の表情を撮った奈良原一高の「人間の土地」以降の炭鉱を巡る写真の歴史を地域ごとに紹介いたします。アーティスティックな意識で筑豊の炭鉱の様々な風景・人々の表情など撮り続けてきている中山陽や、土門の「筑豊のこどもたち」に先んじて夕張の子供たちを撮った安藤文雄、そして、炭鉱住宅の一軒一軒を回り、家庭のアルバム写真までも使用して編まれた上野英信の「写真万葉録・筑豊」などをご紹介いたします。炭鉱で写真を撮る意味と、被撮影者とカメラマンとの心理的距離など、写真のさまざまな意味を考えさせるでしょう。

そして最後に、1950 年代の二つの大きな炭鉱を巡る運動から雑誌「 サークル村」の表紙絵、炭鉱の労働運動最盛期のポスターを紹介します。これらは炭鉱労働者を巡る労働運動のプロパガンダでありながら、時が経つにつれ、モダンデザインや写真の新たな表現やコラージュなど、さまざまに他ジャンルの表現の影響を受け、炭鉱労働者の眼に止めようとの意識が伺えます。そこには、炭鉱における審美眼が、時と共に洗練されることが如実に示されていると言えるでしょう。

ちなみに、戦後の炭鉱を主題にした視覚芸術という括りで、主に、北海道・空知、福島・常磐、福岡・筑豊、そして長崎・軍艦島を対象に制作した作家とその作品を取り上げた本展の全体は、約60作家による400余の出品となっています。

また、展覧会会期中、美術館における新たな試みとして、「夜の美術館大学」を臨時開校いたします。

‘文化’資源としての<炭鉱> Part-2. 個展「川俣正コールマイン・プロジェクト〜筑豊、空知、ルールでの展開」

趣旨:福岡県田川市=筑豊という産炭地の現状を踏まえながら、1996年から2006年まで10年に渡り、美術家・川俣正が実施し続けた田川Coalmine projectは、炭鉱と社会の新たな関係性を織りなす試みとしてなされてきました。このプロジェクトの成果は、ボディブローのように地域に浸透し、新たな文化意識を息吹かせ、また、産炭地間の交流を編みあげるなど、国際的な美術界の注目を集めています。川俣のプロジェクトは、炭鉱の問題を美術の枠に取り込むのではなく、美術によって社会の枠組みを切り開き、組み直そうとするという美術の実効性を問うものだったのです。これまでの炭鉱美術から読み取っていたこと、読みそびれていたことを再考する本展覧会Part.1の発想も、川俣の美術と炭鉱との関係の見直しに触発されたと言うこともできるでしょう。本展は、田川Coalmine projectの10年の軌跡の「総括」、北海道三笠市において、新たに準備しているCoalmine project、2010年にドイツ・ルール地方エッセンでの野外展「EMSCHER KUNST (エムシャークンスト)」や個展への展望をトータルに意識したインスタレーションで、作家によって「景」と命名されての作品化がなされます。

インスタレーション・タイトル:景

作家コメント:

石炭産業によってできた無数の住宅(炭鉱住宅)、そしてそこに何万人という就労者が生活を営んでいた。炭鉱町の眺め。それは「ぼた山」と「立坑」、そしてこの町の眺めが日本の近代産業の動力資源として、あるいは日本の進歩、発展の印としてある時期、存在した。この劣悪な生活環境や経済効率ぎりぎりの人工的な町から、あふれるほどの日本の将来への希望が生み出されていたことは間違いないだろう。現在の世界情勢の中で、すでに語られることすらない過去のエネルギー資源である石炭産業は、この町の眺めから始まっているのである。(2009.08.22妻有にて)

川俣正略歴:

1953年生まれ。東京芸術大学博士課程満期退学(1984年)、作家活動は1977年に開始、28歳でヴェネツィア・ビエンナーレ(1982年)に選抜され、その後もドクメンタ8(1987年)、第19回サンパウロ・ビエンナーレ(1987年)、ドクメンタ9(1992年)、第2回リヨン現代美術ビエンナーレ(1983年)、第11回シドニー・ビエンナーレ(1998年)、越後妻有アートトリエンナーレ(2000年~)、第4回上海ビエンナーレ(2002年)、プサン・ビエンナーレ(2002年)、ヴァレンシア・ビエンナーレ(2003年)など国外・国内問わず多数のプロジェクトや展覧会に参加。自身でも、ニューヨークにおけるルーズベルト・アイランド・プロジェクト、田川におけるCoalmineProjectなどのプロジェクトを数年から10数年かけての長期的プロジェクトを世界各地で立ち上げている。1994年から、東京芸術大学先端芸術表現科の立ち上げに参画し教授として2004年まで勤め、2005年には、横浜トリエンナーレの総合ディレクターに着任、大成功を収めた。2006年からパリ国立高等美術学校教授となり、現在はパリを拠点にヨーロッパ、アメリカなどで多数のプロジェクトを展開中。

‘文化’資源としての<炭鉱> Part-3. 特集上映<映像の中の炭鉱>

ポレポレ東中野では、目黒区美術館にて 11 月 4 日から開催する【‘文化’資源としての<炭鉱>展】の関連企画として、同時期に炭鉱をテーマにした記録映画、劇映画の特集上映を開催します。

かつて主エネルギー源として日本の発展を支えた石炭産業/炭鉱は、戦後制作された様々な映像作品に登場します。炭鉱会社の PR 映画、炭鉱の実体を記録したドキュメンタリーから、青春映画、怪獣映画、文芸映画などさまざまな劇映画まで、炭鉱が登場する映像作品は数百を数えます。

炭鉱は、PR 映画では企業による街づくりの中心として、ドキュメンタリー映画では悲劇や闘争の舞台として 、劇映画ではノスタルジーやダイナミズムを象徴するモチーフとして多く登場し、特に劇映画ではストーリーを魅力的に彩っています。

近年の大ヒット映画『フラガール』や『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』でも炭鉱は重要な舞台となり、本年 4 月に来訪が解禁された“軍艦島”ではロックミュージシャン B'z がビデオクリップを撮影するなど、今日でも炭鉱が映される作品は続々と制作されています。

主催:ポレポレ東中野

共催:目黒区美術館

期間:2009年11月28日(土)〜12月11日(金)二週間限定開催

会場:ポレポレ東中野

三菱美唄美術サークル「習作 人民裁判事件記録画」/1950年/193.9×130.3cm/油彩・キャンバス/美唄市教育委員会蔵

千田梅二「女坑夫」/1956年/53.3×44.6cm/木版・紙

山本作兵衛「低層 先山後山」/1973年/38.0×54.0 cm/水彩・紙

横山操「夕張」/1958年/180.0×454.5cm/布彩色/見附市蔵

土門拳「筑豊のこどもたち」/1959年/ゼラチン・シルバープリント/土門拳記念館蔵

萩原義弘「端島炭鉱(軍艦島)」/1995年/90.0×90.0cm/ゼラチン・シルバープリント

佐藤時啓 Yubari #165 Mayachi/1992年/ゼラチン・シルバープリント/夕張市美術館蔵

川俣正「奔別炭鉱戦前風景」/インスタレーション作品「景」(目黒区美術館)制作のための素材写真

ページ先頭へ
展覧会・催事
開催一覧
過去の開催一覧