展覧会 開催終了

色の博物誌 -江戸の色材を視る・読む

-目を凝らしてじっと見てごらん、色の表情が豊かに立ち上がる-

The  Anatomy  of  Colors

-Look closely and read the stories of colors of Edo in Kuniezu & Ukiyoe-
会  期:
2016年10月22日(土)〜2016年12月18日(日)
時  間:
10:00~18:00
(入館は17:30まで)
休館日:
月曜日 
観覧料:
一 般 800(600)円
大高生・65歳以上 600(500)円
小中生 無料
障がいのある方は半額・その付添者1名は無料、(  )内は20名以上の団体料金。

主催:公益財団法人目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館、読売新聞社、

美術館連絡協議会

特別協力:岡山大学附属図書館、山口県立萩美術館・浦上記念館

協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網、サッポロホールディングス株式会社

開催一覧

●はじめに

目黒区美術館は、1992(平成4)年から2004(平成16)年にかけて「青」「赤」「白と黒」「緑」「黄色」をテーマにした「色の博物誌」シリーズを開催し、考古・民俗・歴史・美術を横断しながらそれぞれの色材文化史を紡いできました。色材そのものをフォーカスするという企画は、美術館ではあまり取り上げられないテーマですが、色の原材料とその特質を知ることによって、見えてくることはたくさんあり、作品も違う方向から楽しむことができます。

このたび、これまでの研究と出会いをもとに、6回目となる「色の博物誌」を企画しました。今度のテーマは、「江戸時代の豊饒な色材」です。展示では、緑青、朱など、粒子が際立つ不透明感のある無機系の色材と、藤黄、アオバナ、紅、藍などの透明感のある有機系の色材に着目し、人の知恵と工夫により丁寧に作られてきた色料や絵の具により制作された絵図と版画、二つのトピックを取り上げました。

 

●《国絵図》と《浮世絵》

一つは、「公」としての幕府が各藩に描かせた豪華絢爛な非日常的な《国絵図》。そしてもう一つは、「民」としての大衆文化において、技術も色彩も極められ可憐で華やかな、日常的に庶民が愛玩していた《浮世絵》。この両極にある世界から見えてくる、色の質と表情に注目していきます。

前者の《国絵図》は、江戸時代、幕府への献納物として各藩が精力をあげて制作した巨大な絵地図で、当時の絵画とほぼ同じ色材が使われ、厚く被覆力のある表現が認められます。この江戸時代の国絵図は、その巨大さ、豊富な色彩、描画の技術などの点で世界的にみても特筆されるべきものと考えられ、地図という機能をはるかに超えた美術的な品格、さらに現代にも通じるグラフィック的なセンスを備えているとも言えます。

そして、《浮世絵》は、民衆の生活文化において、極めて「私的に」手中で愛玩され、主に植物による染料系の色

材により透明感のある華やかな表現へと発展し、木版の摺りによって世界が認める美しい色彩が表わされてきました。

わが国には、鉱物による色材、昆虫による色材、植物染料による色材など、渡来のものも含めて実に豊富な原料があり、それを精製して丁寧に美しい色料へと作り上げた技術があり、こうした天然の色材の一部は今も生産され使われています。これらは、粒子感のある不透明な絵の具と、透明感のある絵の具と言い表すこともでき、日本人には、それらの質感を絶妙に使い分けるグラフィック的センスがあり、こうした感性がデリケートに折重なり合って色が表現されてきたとも言うことができるでしょう。

 

●「復元模写」と「浮世絵版画の復刻・復元」

国絵図に関しては、東京大学史料編纂所を拠点とした研究チームの調査により、非破壊分析による科学調査が行われ、東京藝術大学大学院保存修復日本画研究室が中心になって復元模写が制作され、大きな研究成果をみることができます。

そして浮世絵に関しては、当館の色材研究とかかわりの深かった木版画家立原位貫氏(1951-2015)の復刻・復元の過程で、江戸時代の製法による絵具の解明から、当時の美しい色彩がよみがえりました。

今回の「色の博物誌」展では、それぞれ原画と研究成果による復元作品の両方を、色材とともに取り上げ、科学的な視点も加え、色と原料が放つ豊かな色彩の物質的な振幅にせまり、豊かな日本人の色材文化を再確認していきます。色を視る・読むことによる、もう一つ別の美術の味わい方をお楽しみください。

English

 

【構 成】

1.まずはじめに  「江戸の色材への導入」 さまざまな色材

2.《国絵図》 4点+復元作品1点

3.《浮世絵》」 鈴木春信、鳥居清長、葛飾北斎、歌川国貞、溪斎英泉、歌川国芳ほか約30点

立原位貫の復刻・復元作品 40点               *会期中ごろに展示替えがあります

4.江戸時代の主な色材-20種

5.画法書にみる色材・絵具箱-『本朝画史』、『絵本倭比事』、『漢画獨稽古』、『絵本彩色通 初編』ほか

6.画材の引き出し博物館(目黒区美術館企画制作)より

 

会期中には、ワークショップやセミナーなどの催し物も予定しています。

出品目録(会場配布リスト)はこちらからダウンロードできます。

プレスリリースはこちらからダウンロードできます。

チラシはこちらからダウンロードできます。

ミュージアムコンサートのチラシはこちらからダウンロードできます。⇒コンサートは終了しました。

関連催事 第1弾「ワークショップセミナー」の詳細はこちらから。(一部変更がございます。)⇒終了しました。

関連催事 第2弾「キヨキヨワークショップ-遊びの広場」[色の博物誌セミナー《色の話》」等各種催事の詳細はこちらから。⇒終了しました。

1_備前国図(慶長)《備前国図》慶長年間 329.0×280.7cm
岡山大学附属図書館蔵 池田家文庫2_備前国絵図(元禄)《備前国絵図》元禄13年 316.0×357.0cm
岡山大学附属図書館蔵 池田家文庫3_oniwaka gen_0043000L歌川国芳《鬼若丸》弘化4年~嘉永3年
山口県立萩美術館・浦上記念館蔵4_浮世絵_国芳_surugadai歌川国芳《東都名所 するがだひ》天保3~4年 横大判錦絵 山口県立美術館・浦上記念館蔵5_今様美人捨二景 おてんばそう立原位貫 復刻・復元
《今様美人捨二景 おてんばそう(溪斎英泉)》
平成3年 大判錦絵
山口県立美術館・浦上記念館蔵6_shinoukoushoul三代歌川豊国《今様見立士農工商 職人》安政4年大判錦絵三枚続 町田市国際版画美術館蔵7_日本の色材日本の色材(天保~江戸時代に、絵画に使われた主要な色材)

ページ先頭へ
展覧会・催事
開催一覧
過去の開催一覧