コレクション

日本の近現代美術の流れとその特徴を理解するための優れた作品を体系的に収集、欧米とのかかわりの中での独自の展開に焦点をあてています。明治以降、日本人が海外に学んで制作した作品、特に作家が自己のスタイルを模索する過程から生まれた新鮮な作品群や、戦後、国際展に出品され高い評価を得た作品群を中心に、目黒ゆかりの作家や同時代の新鮮な動きの紹介にも力を注いでいます。また、制作のプロセスを示すものなど、周辺の資料も積極的に収集、作家と作品へのより深い関心に応えることをめざしています。

主な所蔵作品

坂田一男「浴室の二人の女」
1928年 油彩・キャンバス

岡鹿之助「信号台」
1926年 油彩・キャンバス

靉嘔「虹のエンバイラメント」
1962年 油彩・キャンバス

主な所蔵作家

ページ先頭へ
美術館の概要
理念
コレクション
建物
沿革
活動内容
ボランティア会