ボランティア会

成り立ち

目黒区美術館ボランティア会は、美術館事業を地域から支えるものとして1987年10月に発足しました。活動の歴史は、目黒区美術館開館記念式典のサポートに始まり、1989年6月には館内休憩コーナーに開業した喫茶スペース「ラウンジ」の営業を担当。
以来、ラウンジの運営を主軸に、広報や普及活動など、幅広い活動を行っています。

主な活動内容

・ラウンジ部
喫茶スペース「ラウンジ」のメニュー検討から営業にいたるまで行っています。
・広報部
展覧会のポスター・チラシの発送作業等、美術館の広報活動に協力しています。
・トイコレクション・ボランティア・チーム
目黒区美術館が所蔵している「トイコレクション」を活用して、区内施設へのアウトリーチ活動を企画・実施しています。また、毎年夏に開催する「ファミリーワークショップ」の企画・実施も担っています。
・建築班
「目黒区総合庁舎建築ガイドツアー」の解説員を務めます。また、建築に関連する展覧会や催しの解説もします。そのために日頃から勉強会を重ねています。

喫茶スペース「ラウンジ」

トイコレクション・ボランティア・チームによるアウトリーチ

ページ先頭へ
美術館の概要
理念
コレクション
建物
沿革
活動内容
ボランティア会