はじめに

目黒区美術館では、みなさまの作品発表の場として館内に「区民ギャラリー」を設け、ご利用いただいています。区民ギャラリーは、展示室、エントランス、搬出入口、控え室などから構成されています。展示可能な作品は、絵画、彫刻、書、工芸、立体、映像など美術に関するものです。

概要

1. 規模・利用料

貸出規模

貸出単位 展示床面積 展示壁長 展示壁高 天井高
A 面 170㎡ 71.5m 3m 3.8m
B 面 170㎡ 69.5m 3m 3.8m
全 面 340㎡ 141.0m 3m 3.8m

利用料

貸出単位 1日あたりの
利用料
5日間利用 6日間利用 7日間利用 8日間利用
半 面 ¥12,250 ¥61,250 ¥73,500 ¥85,750 ¥98,000
全 面 ¥24,500 ¥122,500 ¥147,000 ¥171,500 ¥196,000
> 区民ギャラリー平面図 (pdf/452KB)

※展示壁長は可動壁を半面につき3枚使用時の状態です。
※入場料その他料金1,000円以上を徴収する場合、利用料は1.5倍になります。

2. 利用の基準

  • 展示できる作品は、絵画、彫刻、書、工芸、立体、映像など美術に関するものです。
  • 利用者は、個人・団体を問いません。個人の場合、申請人の個展のみとします。

3. 利用期間・時間

利用期間

利用期間は、美術館の休館日翌日から次の休館日前日までです。
※利用の受け付けを行っているのは、基本的にこの期間を連続して利用する場合です。
※一般的に6日間(火曜日~日曜日)ですが、月曜日が祝日、振替休日の場合は翌日火曜日が休館日となるため、
 利用期間が7日間(火曜日~月曜日)、もしくは5日間(水曜日~日曜日)の場合があります。
※美術館の開館日程によっては例外があります。

利用時間

1日の利用時間は、10:00から18:00までです。
※搬入・展示・搬出の時間を含みます。

4. 付属設備等

○利用者は次の設備・備品類を無料で使用できます。
・利用者控え室、付属給湯設備
・受付台・長椅子
・受付用椅子、休憩用椅子
・展示台
・台車、脚立、展示用ワイヤー、フック
・照明器具

5. 諸注意事項

区民ギャラリー利用申し込みに当たっての諸注意については、こちらをご覧ください。

区民ギャラリー利用申し込みに当たっての諸注意

○次の場合には施設を利用できません。
・美術館の管理運営上支障があると認められたとき
・公益を害するおそれ、または秩序を乱すおそれがあると認められたとき
・その他、美術館の施設を利用することが適当でないと認められたとき

○利用了承を得た個人・団体が、その権利を他人に譲渡したり、転貸したりすることはできません。

○次の場合には、利用を停止したり承認を取り消すことがあります。
・美術館条例、施行規則、その他の規程に違反したとき
・利用目的または利用条件に違反したとき
・利用料を期限までに納めなかったとき
・不正な手段により利用の承認を得たとき

○利用者が施設に特別の施設を施したり、備え付けの物品以外の品物を使用する場合は、美術館の承認が必要です。

○ギャラリーにおいて展示作品等を販売(及び予約受付)することはできません。

○展示作品に関する図録、絵はがき、ポスター等を販売する場合は、事前に美術館の承認が必要です。

ページ先頭へ
区民ギャラリー
はじめに
利用の流れ
抽選日程
開催日程