展覧会

線の迷宮〈ラビリンス〉Ⅲ 齋藤芽生とフローラの神殿

概要

展覧会名線の迷宮〈ラビリンス〉Ⅲ 齋藤芽生とフローラの神殿
会期2019年10月12日(土)~2019年12月1日(日)
休館日月曜日 ただし、10月14日(月・祝)及び11月4日(月・休)は開館し、10月15日(火)及び11月5日(火)は休館。
時間10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料一 般 800(600)円
大高生・65歳以上 600(500)円
小中生以下 無料
*障がい者手帳をお持ちの方とその付添の方1名は無料。
*(  )内は20名以上の団体料金。
*目黒区内在住、在勤、在学の方は、受付で証明書類をご提示頂くと団体料金になります。
*各種割引の併用はできません。
主催公益財団法人目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館

齋藤芽生 ≪徒花図鑑「其奥草」≫ 2008年 個人蔵

以前に開催し好評を博した「線の迷宮〈ラビリンス〉」シリーズの第三弾。濃密な色彩表現で、架空の人生や寂れていく時代を博物画のように描き出す齋藤芽生。

本展ではその《徒花図鑑》を中心にした作品群を、19世紀の植物画家ソーントンの《フローラの神殿》とともに構成し、時代を超え共鳴する両者の不思議な世界観に迫ります。
ページの先頭へ