美術館について

概 要

緑豊かな目黒区民センターの一角に、目黒区美術館は1987年11月に開館しました。多くの展覧会、多彩な情報のあふれる東京の中で、当館は地域に息づく身近な美術館、気軽に美術に親しめる憩いの場、さらには美術を媒介とした都市生活者の自己再発見の場として機能しています。この美術館は大都市の中に挿入されたささやかな空間に過ぎませんが、それは想像力や感受性の無限の宇宙に向けて開かれた窓でもあると信じます。 目黒区美術館では、近現代のわが国の作家による美術作品を収集し、これらを所蔵作品展で公開するほか、内外の多様な美術の動向をとらえた企画展を積極的に開催します。また、生活の中の美や、作品の成り立ちと素材・技法に目を向けるワークショップは、展示と体験活動を融合させる新たな試みとして当館の大きな特色となっています。そして、身近に利用できる貸出スペースとして区民ギャラリーを設け、広く皆様にご利用いただいています。 目黒区美術館はこうした活動を通じ、地域の皆様をはじめ多くの方々に、常に新鮮な魅力にあふれた美術館として親しまれることを目指しています。

本館外観

区民ギャラリー外観

美術館ロビー

カフェ/ラウンジ

展示室

区民ギャラリー

沿 革

1978年11月文化施設建設検討連絡会発足
1980年3月目黒区美術博物館建設検討委員会発足
1981年1月「目黒区が建設する美術博物館の基本構想のあり方について」 答申
1982年2月美術館単独での建設構想を決定
1984年2月目黒区美術館(仮称) 基本構想策定
1984年10月目黒区美術館(仮称) 基本設計策定
1985年3月目黒区美術館(仮称) 実施設計策定
1985年11月「プレビュー・目黒区美術館」開催(会場:目黒区民センター)
1985年12月目黒区美術館(仮称) 新築工事着工
1987年3月東京都目黒区美術館条例公布、目黒区美術館竣工
1987年10月運営組織として財団法人目黒区芸術文化振興財団設立
1987年11月15日目黒区美術館開館
2006年4月財団法人目黒区芸術文化振興財団が指定管理者として3年間管理運営を受託
2009年4月財団法人目黒区芸術文化振興財団が指定管理者として5年間管理運営を受託
2011年4月財団法人目黒区芸術文化振興財団が公益財団法人へ移行
2014年4月公益財団法人目黒区芸術文化振興財団が指定管理者として5年間管理運営を受託

建 物

地上3階、地下1階の4階層からなる建物は、コンパクトながら機能的に設計されています。館内は住宅的な雰囲気を基本プランに取り入れ、エントランスから展示室へ、観覧者の視覚的リズムを演出しながら自然な流れでつないでいます。フレキシブルに使えるワークショップ室をエントランスホールに隣接し、区民ギャラリーを別棟に配置していることも施設の特徴となっています。

所在地東京都目黒区目黒二丁目4 番36 号
敷地面積2012.79m²
建築面積1351.43m²
延床面積4059.21m²
建物高17.89m
構造・規模鉄骨鉄筋コンクリート造、地上3階、地下1階
設計・監理日本設計事務所
設計協力GK 設計、スーパーポテト
施工 建築竹中工務店 東京本店
空調朝日工業社
衛生足立工業 東京支店
電気中国電気工事 東京支店
昇降機横浜エレベーター

運 営

ページの先頭へ