展覧会

生誕130年 武井武雄展

~幻想の世界へようこそ~

概要

展覧会名生誕130年 武井武雄展
~幻想の世界へようこそ~
会期2024年7月6日(土)~2024年8月25日(日)
休館日月曜日 *ただし、7/15(月祝)と8/12(月休)は開館、7/16(火)と8/13(火)は休館
時間10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料一 般 900(700)円
大高生・65歳以上 700(550)円
中学生以下 無料
*( )内は20名以上の団体料金
*障がいのある方とその付添者1名は無料
*目黒区在住、在勤、在学の方は受付で証明書類をご提示いただくと団体料金になります。
*他の割引との併用はできません。
*ご入館のための日時指定予約は必要ございません。開館時間内に直接お越しください。
主催等主催:(公財)目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館、東京新聞、岡谷市
企画協力:イルフ童画館

チラシ1(表面:星曜日)

チラシ1(裏面)

チラシ2(表面:おもちゃ繪諸國めぐり 宮城)

チラシ2(裏面)

展覧会概要

 大正期、子どものための文化が目覚ましく開花しました。1918(大正7)年には児童雑誌『赤い鳥』が創刊され、「童謡」が誕生します。伝承された昔話や民話だけでなく、これらを基に新たに創作された物語、さらに全く新しい創作童話も発表されました。しかし、当時出版された挿絵は、物語の添え物としかみなされませんでした。 このような状況下で、子どものための芸術こそ本物の芸術でなければならない、そのために「童画」という言葉を発案し、これを一つのジャンルとして確立することを目指し、活動した人物がいました。その人こそ武井武雄(1894-1983)です。今年、生誕130年を迎える武井の豊富な創作活動をふりかえる展覧会を開催いたします。

《星曜日》 武井武雄 1965年 水彩、クレヨン ©岡谷市/イルフ童画館

 武井は「童画家」として活躍する一方、版画家、デザイナー、教育家としても大いに活躍しました。さらに、郷土玩具収集にも没頭し、『郷土玩具 東の部西の部』(1930年)の出版により初めて郷土玩具を体系的に紹介するという研究者としての一面もありました。
 本展では、豊かな幻想世界を通じて子どもたちに夢を与える[童画]、銅版画や木版画など多様な技法で制作された[版画]、装丁・ 函 (はこ)・本文・絵で構成される総合芸術で「本の宝石」とも称される[刊本作品]を軸に、原画類やデザインの仕事など、多岐にわたる武井の幻想にあふれる世界をご紹介します。巡回展である本展において目黒会場のみの展示として、武井と日本童画会で志を 共にした目黒ゆかりの作家、秋岡芳夫の童画作品もあわせて展示 いたします。
 さらに、「アウト・オブ・民藝 武井武雄編」では、展示とトークイベントを通して武井の関連人物を相関図で紐解きます。他にも、武井の生涯と作品を解説する講演会など、様々な角度から武井芸術の魅力に迫ります。

《おもちゃ繪諸國めぐり 宮城》 武井武雄 制作年不詳 伝承木版 ©岡谷市/イルフ童画館

展示構成

童画 

《おやゆびひめ》 武井武雄 1965年 水彩、クレヨン ©岡谷市/イルフ童画館

版画 
 

《鳥の連作No.7》 武井武雄 1969年 木版画 ©岡谷市/イルフ童画館

刊本作品

刊本作品|左上から時計回り:No.49『Harem』1961年 アップリケ / No.55『ラムラム王』1964-65年  絵入童話 / No.63『祈祷の書』1966年 S ベランの本 / No.31『木魂の伝記』 1957-58年 寄せ木細工 / No.59『人魚と嫦娥』1965-66年 螺鈿 細工 / No.108『ナイルの葦』1980年 パピルス紙、凸版   
©岡谷市/イルフ童画館

デザイン  
木にとまりたかった木のはなし 
武井武雄が思う平和とは? 

武井武雄 1970年 ©岡谷市/イルフ童画館

[目黒区美術館のみの展示]  
 日本童画会と秋岡芳夫
アウト・オブ・民藝  武井武雄編

[巡回情報]  
石川県立美術館
9月7日(土)- 10月6日(日)

一宮市三岸節子記念美術館
10月12日(土) - 11月24日(日)

「武井武雄ワンダーランド」(ワークショップ2024 夏)

下記関連イベントの他に、同時期開催ワークショップ2024 夏「武井武雄ワンダーランド」で武井武雄に関する講座を開催予定です。
*詳細は決まり次第、当館ウェブサイトに掲載いたします。

ワークショップ2023夏の様子

関連イベント

講演会「武井武雄の生涯と作品」

武井作品を多数所蔵するイルフ童画館の館長をお招きして武井作品の魅力をお話いただきます。

日時2024年7月6日(土)14:00~15:30
講師山岸吉郎(イルフ童画館館長)
会場目黒区美術館ワークショップ室
料金聴講無料(但し、当日の観覧券が必要です)
参加方法、定員当日先着順、50名程度

大人のための美術カフェ

本展の担当学芸員が武井武雄刊本作品の魅力についてお話します。数冊の刊本作品を手に取ってご覧いただけます。

日時2024年8月3日(土)16:00~17:00
会場目黒区美術館ワークショップ室
料金聴講無料(但し、当日の観覧券が必要です)
参加方法、定員当日先着順、20名程度

トークイベント「武井武雄のネットワーク」

民藝運動周辺から見たネットワークを立体的な相関図に表す「アウト・オブ・民藝」の活動を行う講師をお招きし、武井武雄を中心としたネットワークの見どころを語っていただきます。

日時2024年8月24日(土)15:00 ~16:30
講師軸原ヨウスケ (デザイナー/アウト・オブ・民藝) 、 中村裕太 (アーティスト/アウト・オブ・民藝)
会場目黒区美術館ワークショップ室
料金 聴講無料(但し、当日の観覧券が必要です)
参加方法、定員 当日先着順、50名程度
ページの先頭へ